快晴日数日本一の埼玉県で太陽光発電を取り扱っている業者を厳選しました

埼玉県でさがす太陽光発電販売業者ナビ
HOME » 追尾型太陽光発電とは

追尾型太陽光発電とは

世界中で地球温暖化対策として太陽光発電が推奨されています。しかし近年さらに進化した「追尾型太陽光発電」が開発されていることはまだあまり知られていません。

未来型太陽光発電の開発

これは、追尾型という名前の通りGPSを使って24時間太陽を追いかけるシステムです。

従来型は、一方向に固定され発電効率が悪い

ご存知の通り、太陽は東から昇り西に沈みます。また、季節によって太陽の軌道の角度も異なります。この太陽の動きは、太陽光発電にとってはなかなか厄介でした。

なぜなら太陽光を受け止めるパネルは常設型のため、常に一方向を向いていて、太陽の光エネルギーを十分受け止めることができないからです。そのため発電効率は日中の一部の時間に限られてしまうというロスがありました。

そこで開発されたのが追尾型太陽光発電システムです。

追尾型は、太陽の方角と高度を追尾して最大量の発電が可能

従来の太陽光発電のパネルは固定式のため、時間帯や季節で太陽光が当たる角度が変わり、特に朝と夕方の発電はほとんど期待できません。せっかく快晴であっても稼働にロスが生まれていました。

しかし追尾型は、GPSを使って24時間365日、太陽に対して垂直に角度を調節することができます。そのため最大量の発電が可能となりました。

追尾型太陽光発電で売電収益UP

売電単価は20年変動せず、発電した電気はすべて売電できると保証されているため、追尾型太陽光発電を導入することでより多くの売電収益を得ることができます。

減税や節税対策にも効果がある太陽光発電をより活用するために、追尾型を導入するケースは今後ますます増えてくることでしょう。

あらゆる気候に対応できる
バイオマス・ジャパンの追尾型太陽光発電システム

世界中でこの追尾型の開発が進む中で、注目されているのがバイオマス・ジャパンの太陽光発電システムです。

バイオマス・ジャパンのBJエルソルソーラートラッカー、通称「ElsoL」という商品は、パネルを設置する架台に太陽の動きに追従する機能を持たせたものです。従来の太陽光発電パネルと比較すると、同じ土地でも1.6倍という高い発電量を確保でき、売電収益を最大にすることができるといわれています。

空き地があり、野立て太陽光発電を検討している人は是非考慮すべきシステムです。

ElsoLの機能

ElsoLにはウィンドモードが搭載されており、設定していた風速をこえると、パネルが水平になり風圧を逃がす仕組みになっています。また、スノーモードも搭載されていて、センサーが雪を感知すると、パネルが縦になり積雪を防いでくれます。

サポート体制もバッチリで、災害補償を標準付加。そのほか遠隔監視してくれるサービスもあり、システムに不具合がないか常に見守ってくれます。

バイオマス・ジャパンの公式HPで追尾型太陽光発電をチェック

注目!安心して付き合える心強い会社を厳選! 埼玉でおすすめの 太陽光発電業者3選
 
ページの先頭へ