快晴日数日本一の埼玉県で太陽光発電を取り扱っている業者を厳選しました

埼玉県でさがす太陽光発電販売業者ナビ
HOME » 太陽光発電のトラブル事例 » 契約に関するトラブル

契約に関するトラブル

ここでは、太陽光発電の契約にまつわるトラブル事例を紹介します。

トラブルにはさまざまなケースがありますので、どんなことに留意して契約すべきかを自分なりに理解しておくための参考にしてください。

契約前のトラブル事例

まずは、太陽光発電の導入を契約するにあたって起こった実際の事例を紹介します。

【事例その1】まもなく売電単価が上がるからプラスになります

訪問販売でやってきた太陽光発電の業者。もともと興味があり約350万円のシステムの設置を契約したのは、担当者の「売電価格がもうすぐ2倍になるので売電収入が1か月あたり25,000円くらいになりますよ。その分で十分ペイできます」の言葉が決め手でした。でも実際には2倍になるのはまだまだ先の話。これからの支払いが不安で解約したいと思っています。

→近年、訪問販売のトラブルが増えています。売電価格は年々変動があります。インターネットなどでも調べることができますので、業者の言い分を鵜呑みにせず自分でもリサーチすることが大切です。

【事例その2】モデルハウスで光熱費0です

モデルハウスを探していますとの甘い言葉で訪問販売を行い、光熱費は一切かかりませんと勧誘して、太陽光発電とオール電化のセット購入を執拗に勧めてきた。

→太陽光発電の発電量は毎日変動するため一定ではありません。また電気の使用量も変動しますので、光熱費がゼロになることはありません。

【事例その3】今なら限定で補助金が受けられます

業者からの電話で説明を受けました。「太陽光発電とオール電化にすれば電気代も減って売電が増えます。今なら棟数限定で自治体の補助金が受けられるので初期費用がかなり安くなりますから10年で元が取れますよ」と何時間も説得されて結局契約。もっとよく考えればよかったと後悔しています。

→補助金制度については、市町村などで個々に設定しています。棟数限定や期間限定というケースはほとんどありませんので、実際の補助金の内容については居住地の市町村に問い合わせるなどして確認することが大切です。

契約後のトラブル

契約をしてしまった後に起こったさまざまなトラブルについて事例を紹介します。

【事例その1】クーリングオフには違約金が発生すると言われた

契約したものの、とにかく業者の対応が信頼できない。価格も不明な点が多く詳細がわからないため、契約3日後にクーリングオフしたいと伝えたところ、「違約金が発生する」と言われました。

→これは、クーリングオフの妨害という違法行為にあたります。

【事例その2】見積もりと請求金額が違う

見積もりに詳細な内容がなかったが合計金額だけでこの値段ならいいかなと思い契約しました。ところが、実際には見積もりに工事費用が含まれていなかったことがわかり、最終的に請求された金額がもっと高くなりました。

→見積もりが大雑把なところや詳細な内容が記載されていない業者は、このようなトラブルが多いようです。契約を急がずに、疑問な点は解決してから契約する余裕を持つことが大切です。

トラブル回避の秘訣

太陽光発電の導入を検討している人は、まずこういったトラブルを回避するための方法を知っておくことが大切です。

その方法とは、

信頼できる業者を選ぶこと

につきます。

信頼できる業者を見つけるためのポイントは、「アフターメンテナンスの充実さ」「口コミや評判の良さ」「実績・受賞歴の有無」などがあげられます。これまでの施工の正しい評価を見極めるには、これらのポイントを確認することが大切です。

訪問販売やチラシなどいろいろな販売ツールがある中で、安易に決めず、これらのポイントから複数の業者をピックアップして、最適な業者を決めることがトラブル回避の秘訣なのです。

信頼できる埼玉の太陽光発電業者はコチラ

注目!安心して付き合える心強い会社を厳選! 埼玉でおすすめの 太陽光発電業者3選
 
ページの先頭へ