快晴日数日本一の埼玉県で太陽光発電を取り扱っている業者を厳選しました

埼玉県でさがす太陽光発電販売業者ナビ
HOME » 太陽光発電の基礎知識 » 売電の仕組みと方法

売電の仕組みと方法

太陽光発電でできることのひとつである売電は、家計を助ける臨時収入となるため導入する大きなメリットです。

そこで太陽光発電で行う売電の仕組みやその効果についてわかりやすく説明します。

太陽光発電の売電基礎知識

私たちが日常生活で使っている電気は、電力会社に利用料を支払うことで購入しています。売電はその逆のパターンで、自己所有の太陽光発電で発電した電気を電力会社に買い取ってもらう制度をいいます。この制度では、電力会社は必ず一定の売値で電気を買い取らなければいけないことになっています。ただし、発電した電力すべてではなく、使用量を引いて余った分が売電として電力会社に買い取られます。

したがって、家庭で使用する電気を上手に節電すれば、売電分が増えることになり収入が増えることになります。また、設置するシステムの容量で発電量も違いますので、設置の際にはシミュレーションによってどれくらいの容量のものを設置すれば最も費用対効果が生まれるかを確認するといいでしょう。

売電の買い取り価格とは

太陽光発電の売電は、買い取り価格が前もって設定されています。

平成28年度の売電価格は次の通りです。

住宅用(10kw未満)/売電期間10年

  • 出力制御対応機器設置義務なし:31円/kWh
  • 出力制御対応機器設置義務あり:33円/kWh

産業用(10kw以上)/売電期間20年

  • 10kw以上:24円/kWh

実は、この金額は年々下がっています。平成22年以前に設置した人は、48円/kWhでしたが、徐々に下がり現在の金額になっています。

でも、本当に売電はプラスに働いているのでしょうか。

私たちが日常的に使用している電気を見ると、1kWhあたり25円くらいで使用し、使った分を電気代として支払っています。つまり、平成28年度を見ても1kWhあたり6円のプラスが出ていることがわかります。ただし、毎月の電気代から再エネ発電賦課金等という項目が引かれていますので、このお金を売電の支払いに回しているというからくりがあるのは意外に知られていません。

長く売電の効果を維持するために

太陽光発電を設置すると、売電収入が得られることがわかりました。

10年間は単価が据え置かれますので、極論をいえば太陽が輝く限り売電収入は永続的に続くことになります。

ただし、太陽光発電システムのシステムは日常なメンテナンスは不要といわれますが、高い効率を維持するためのアフターメンテナンスは必須です。さらに台風や暑さ寒さなど過酷な自然環境にさらされていることから破損や修理が必要になるケースもあります。そのうえ、メンテナンスには専門的な知識や技術が必要とされます。

そこで忘れてはいけないことは、設置だけでなくしっかりアフターメンテナンスを行ってくれる会社や業者を選ぶことが大切だといえるのです。

注目!安心して付き合える心強い会社を厳選! 埼玉でおすすめの 太陽光発電業者3選
 
ページの先頭へ