快晴日数日本一の埼玉県で太陽光発電を取り扱っている業者を厳選しました

埼玉県でさがす太陽光発電販売業者ナビ
HOME » 太陽光発電の基礎知識 » 何年もつのか

何年もつのか

太陽光発電のシステムには、寿命があります。しかし、寿命は使い方や設置状態などで変わってくるといわれています。

少しでも長く良好な状態で使用するためにはどうすればいいのか、わかりやすく紹介します。

太陽光発電に寿命があるのか

太陽光発電の寿命は、一般的には20年以上といわれていましたが、最近では製品や施工の質が高まったころで25~35年程度ともいわれます。

しかし、NPO法人「太陽光発電所ネットワーク」の発表によると、現実的には現在家庭に設置している太陽光発電の3割程度が12年以内に故障している」としています。

なぜこのようなずれが生じるのでしょう。それには以下のような理由があげられます。

  • 周辺環境の変化によって日当たりが悪くなり稼働しない部分が劣化する
  • 落雷などの自然災害による破損や劣化
  • 設置工事の不具合

一般的な電気類のようにホコリや何らかの汚れで発電効率が落ちることはほとんどないものの、屋根の上という過酷な環境で強い衝撃や風雨などによって破損や故障することはあります。

ただ、自分で確認するのが難しいため、定期的なメンテナンスなどで破損や故障のリスクを軽減することで寿命を長くすることが十分可能です。

特にパワーコンディショナーには注意が必要です。一般的には15~20年といわれるパワーコンディショナーの寿命ですが、これも使い方やメンテナンスの仕方で変わります。

もし壊れてしまうと、数十万円の修理費がかかるといわれます。比較的軽い修理ならそれほど費用はかかりませんので、不具合に早く気付くよう定期的なチェックが大切です。

知っておきたいメーカー保証

太陽光発電のメーカーは、10年保証を設置しているところも多くそれ以前に故障した場合には無償修理を受けられます。

高額な費用で導入した太陽光発電ですから、まんいちの故障や修理が発生した場合にはできるだけ安く確かな修理をしてほしいものですよね。そこでメーカーの10年保証なら、メーカーが認定した業者で施工すれば無償で修理を受けられるのです。

その他にも各メーカーでメーカー保証の条件を設定していますので、導入した際にはしっかり読み解くことが大切です。

寿命を左右するメンテナンス

太陽光発電のパネルなどは、屋外に設置することを前提としているので清掃などのメンテナンスを自分で行う必要はありません。しかし、常に風雨や雷など過酷な環境下に置かれていることから、稀に破損や故障することがあります。また、何らかの汚れが原因で発電効率が低下することもあるそうです。

発電量の低下などの不具合は、毎月注意して観察している人ならわかりますが意外に気付かないものです。

そこで、必要なのは専門家の目です。

設置後のアフターメンテナンスはとても重要だということを忘れてはいけません。設置業者やメーカーが行うアフターメンテナンスは必ず受けることをこころがけましょう。

そうすることで破損や故障のリスクを減らし、万が一すでに不具合があっても最小限におさえることができるのです。このような積み重ねこそが、システムの寿命を延ばすことにつながるといえます。

注目!安心して付き合える心強い会社を厳選! 埼玉でおすすめの 太陽光発電業者3選
 
ページの先頭へ