快晴日数日本一の埼玉県で太陽光発電を取り扱っている業者を厳選しました

埼玉県でさがす太陽光発電販売業者ナビ
HOME » 太陽光発電の基礎知識 » 設置までの流れ

設置までの流れ

太陽光発電の設置はどのような流れで行われるのでしょう。

相談から契約、アフターメンテナンスまでの流れ

相談

まずは電話や来店などで設置についての相談をします。このとき、1社に限らず複数の会社で比較することが大切です。

業者の選定

いくつかの業者に希望を伝え、実際に現地調査などを踏まえて最適な提案やシミュレーションを提出してもらいます。シミュレーションでは、設置予定の屋根の形や方角、面積、工事内容、過去の気象データなどの条件から予測できる発電量を算出してもらいます。

このとき注意したいこととして次のことに気を付けましょう。

  • 提案内容は詳細に記載されているか
  • パネルや機器の金額は妥当か
  • アフターメンテナンスはどうなっているか

契約

最も希望に近い業者を決めたら契約書を締結します。

次に設備工事日程の打ち合わせや補助金の申請、ローンの手続き、電力会社との売買契約などを行います。会社によっては、申請などを代行してくれるところもあります。

契約書の内容を見積書の内容と比較することを忘れないようにしましょう。

施工

設置工事そのものは1~3日程度で終わります。ただし設置する屋根の老朽化や強度不足などの問題がある場合には、先に改善する必要があります。

  1. 屋根の状態の把握・改善
  2. 架台(パネルを取り付ける台)の設置
  3. パネルの取り付け
  4. 屋内配線・パワーコンディショナーの設置工事
  5. メーターへの配線工事

トータルで数週間~2か月程度かかると考えるといいでしょう。

検査、引き渡し

設置工事が終わると、電力会社が検査を行い合格すれば引き渡しとなります。

補助金の申請

補助金申請は、太陽光発電普及拡大センターと地方公共団体へ書類を提出します。

定期的なアフターメンテナンスなど

良好な発電を継続するために、設置会社ではアフターメンテナンスを行っているところが多いようです。内容は会社によって異なりますが、充実した内容のメンテナンスを納得のいく条件で受けられる会社を選ぶことも条件の一つと言えます。

最も重要なのは信頼できる業者選び

太陽光発電の導入設置は、家を持つのと同様にとても大きな買い物です。

一度設置してしまうと交換することもほとんどないものですが、裏を返せばどれだけの成果が上がっているのか、本当に最大限の効果をもたらしているのかは確認のしようがありません。

そこで重要なのは、設置業者の選択です。

中には安い金額を提示して粗悪な工事を行なったり、アフターフォローのない業者もいます。

太陽光発電の設置には、とても専門的な知識と技術が必要と言われています。したがって、実績があり信頼できる業者選びが大変重要なポイントになることは言うまでもありませんね。

注目!安心して付き合える心強い会社を厳選! 埼玉でおすすめの 太陽光発電業者3選
 
ページの先頭へ