快晴日数日本一の埼玉県で太陽光発電を取り扱っている業者を厳選しました

埼玉県でさがす太陽光発電販売業者ナビ
HOME » 太陽光発電の基礎知識 » オール電化にした方がよいのか

オール電化にした方がよいのか

太陽光発電とオール電化の関係について解説しましょう。

太陽光発電を使ってオール電化にする場合にはどんなメリットやデメリットがあるのか、具体的に説明します。

そもそもオール電化とはなにか

まず、オール電化とはどんなものをいうのかを知っておくことが必要です。

オール電化とは簡単にいうと、家庭で使う製品をすべて電気を使った製品に変えてガスを使わないシステムです。一般的には、エコキュートを導入してガスコンロをIHクッキングヒーターに替えることを指しています。厳密には、ガスや石油燃料を使うシーンもあるため完全なオール電化ではないこともありますが、おおむねこのようなシステムを導入した状態をオール電化とよんでいます。

ちなみに以下のように考えるとわかりやすいですね。

オール電化→ガス代を減らす

太陽光発電→電気代を減らす

ただし、ここで気を付けなければいけないのは、オール電化にしたからといって必ずしも光熱費が安くなるというわけではないということです。

オール電化はガス代の削減が根本にあります。しかし、もともとガス代の安い家庭ではわざわざオール電化を導入してまで削減するほどのメリットがないといえます。目安としては1か月あたりガス代が6,000円を超える家庭はオール電化にした方が光熱費の削減につながるとされています。

太陽光発電+オール電化のメリットとデメリットとは

太陽光発電でオール電化にした場合のメリットを紹介しましょう。

  • ガス料金が不要になる
  • 火災やガス漏れなどの不安が解消される
  • 電気だけ使用するとエネルギー効率が3倍!?
  • 割高な日中の電力は太陽光発電で、夜は深夜電力プランを活用すると電気代もお得になる
  • 停電時に太陽光発電を使用できる
  • 自治体などの助成金制度がある

次にデメリットにはどんなものがあるか見ていきましょう。

  • 初期費用がさらに高額になる(太陽光発電の目安:1,800,000~2,000,000円程度、オール電化の目安:400,000~700,000円程度)
  • オール電化にすると日中の電気代が割高に設定される
  • 停電時の使用が制限される
  • もともとガス代が少ない家庭では光熱費削減のメリットが少ない

最大限活用するために

太陽光発電とオール電化は、2つを組み合わせることで大きな経済的効果を生み出します。

しかし、どちらも設置には十分な専門的知識と技術が必要です。

近年、たくさんの設置業者が太陽光発電やオール電化を薦めています。数ある中から信頼できる業者を見つけるためには、多方面から情報を集めたうえで比較して決めることが大切です。

これだけの初期投資がかかるのですから失敗は許されません。

まずは信頼できる業者選びを入念に行いましょう。

また、太陽光発電とオール電化のメリットを最大限に生かして継続的に光熱費を安く抑えるためには、それぞれの機器が十分に稼働していることが必要です。そのためには、設置後のメンテナンスも非常に重要であることを忘れてはいけません。

注目!安心して付き合える心強い会社を厳選! 埼玉でおすすめの 太陽光発電業者3選
 
ページの先頭へ