快晴日数日本一の埼玉県で太陽光発電を取り扱っている業者を厳選しました

埼玉県でさがす太陽光発電販売業者ナビ
HOME » 太陽光発電の基礎知識 » メリットとデメリット

メリットとデメリット

太陽光発電を設置することによるメリットを紹介します。

太陽光発電のメリット

【経済効果】

売電による効果

太陽光発電を導入すると、売電によるいくつかの効果が長期的に生まれます。

  • 光熱費の削減
  • 売電による収入

の長期的な2つの経済的メリットが生まれるのです。

売電とは、発電量が家庭の電気使用量を上回った場合、余った電気は電力会社に買い取ってもらうことです。結果的に大幅な電気代の節約になります。一般的な4人家族の電気使用量から換算すると、ソーラーシステムの設置で約7割の電力をカバーできるといわれています。

つまり電力会社から買う電気は3割ですむことになり、地域や家族構成によって違いはありますが、1年分の節約代を月換算すると約8,400円の電気代節約になるという調査結果が報告されています。

この金額を身近な電化製品の電気使用量で簡単に換算してみました。すると、エアコンなら7ヶ月分(ほぼ1年分)、3畳敷きのホットカーペットは3ヶ月分(ひと冬分)!

ちなみに、電化製品の電気代は、下記の計算で算出できます。

消費電力(ワット数)÷ 1000 × 使用時間 × 電力料金目安単位

もちろん、自然に存在する太陽エネルギーで発電しますので燃料代もかかりません。

初期費用の削減

太陽光発電の導入にあたっては、多くの市町村で独自の助成金制度を実施しています。以前は国や県からの補助制度がありましたが、現在は市町村単位となっています。

助成金なしで導入するとかなりの負担になりますが、助成金を活用すると初期費用の削減にも繋がります。

ちなみに埼玉県では、太陽光発電の設置に対して住宅用省エネ設備の導入支援補助という制度も実施しています。設置基数が日本で2位というのもうなずける手厚い制度が用意されています。

エコロジーに貢献

太陽光発電は、その名の通り太陽の光を活用して発電するシステムです。

石油や石炭など化石燃料を燃やすと二酸化炭素(CO2)が生まれます。大量に燃焼させる火力発電はもちろん、家庭からもCO2はかなり排出されており、これが地球の温暖化に拍車をかけているといっても過言ではありません。

一方、太陽の光はいくら使っても空気を汚すことのないクリーンエネルギー。しかも途絶えることなく存在し続けるエネルギー源です。太陽光発電が普及すればするほど、CO2の排出を削減することができます。

一般家庭で多く採用されている4.5kWのシステムで得られる発電量は、1年間で64m×64mの森林面積と同じ量のCO2を削減することになります。

普段の生活を続けるだけで地球の環境を守ることができるなんて、とてもすてきだと思いませんか?

災害時の非常用電力源

天災で突然電気が途切れた時、太陽光発電のシステムは心強い味方になってくれます。

太陽光発電は、システム内にパワーコンディショナーという機器が設置されています。そのため停電が起こると、システムが自立運転に切り替わり、発電した電気をそのまま非常用コンセントから使うことができます。

ただ、大きな電力は確保できませんので、ワット数の小さな照明や小型ラジオなどに使えます。

また、さらに電気を貯めておきたい人には蓄電池なども販売されています。

太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリットを紹介します。

天候や日照時間に左右される

太陽光発電システムでは、天気や時間によって発電量が変わります。曇りや雨が多い時期は必然的に発電量が減少します。地域によっては、年間の快晴日が少ないところもあり、多いところと比較すると当然発電量は少なくなります。

発電量が少なくなれば売電量も減少します。もちろん通常は電力会社から電気を買っていますので、電気が使えなくなることはありません。ただし、売電量が減るために光熱費や売電収入が減ることになるというわけです。

天候などによって発電量が不安定であることもデメリットのひとつといえます。

設置費用が高い

太陽光発電を家庭に設置する場合、目安として180~200万円ほどの初期費用がかかります。システムの導入に二の足を踏んでいる人の大半は、初期費用が高額であることが理由でしょう。

支払いにはさまざまな方法がありますが、金融機関のローンを使う人も少なくないようです。設置を推進している埼玉県では、県内7つの金融機関で頭金なしでも組める太陽光発電設置のためのローンを提供しています。

条件によっては設置できない

太陽光発電の設置を検討しても、屋根の形状などによっては設置できない家もあります。また、常に影になっている家や太陽に面していない家など、設置に向かないケースもあります。ですから、設置の前にシミュレーションをしてもらうなど、わかりやすいイメージにして導入するべきか検討することをおすすめします。

メンテナンスの必要性

昔はメンテナンスフリーなどといわれていました。確かに、太陽光発電は日常的なメンテナンスは必要ありません。でも、機器の耐用年数は20年程度といわれていて、徐々に発電能力も下がってしまいます。初期費用を投資してでも設置したシステムですから、元を取るためにも定期的なメンテナンスをしっかり行って効率の良い発電を継続できるようにすることが必要です。そのためにも、信頼できる業者を選ぶことも大切なことでしょう。

埼玉県は太陽光発電のお膝元

埼玉県は、全国で2番目に太陽光発電の設置基数が多い県です。この10年の経過を見ても常に上位にランクインしていて、平成28年度末に140,000基設置を目指しているといいます。

助成金制度なども充実している埼玉県ですが、それは埼玉県の持つ特性に理由がありました。

埼玉県は、全国でも有数の日照時間と快晴日を誇る地域です。

すなわち、太陽光発電の効率が非常によく、その恩恵をたっぷり受けることができる土地であることを示しています。

このように、太陽光発電の導入には他県よりメリットが勝ることから、県を挙げて設置を推進しているというわけです。

注目!安心して付き合える心強い会社を厳選! 埼玉でおすすめの 太陽光発電業者3選
 
ページの先頭へ